2012/06/23

ブログを何故?

このブログを作った動機について少し話します。
今年で36歳。辰年生で年男です。72まで生きると思えば丁度折り返し地点。
そう考えると自分の今までを振り返ってこれからを見直す一年にしようと思い年を明けました。でも、それから間もなく、おふくろを亡くしました。去年の11月頃から病気を知って、2ヶ月後、呆気なく逝ってしまいました。今後辛い治療の余生を送ることになると告げられたのもショックだったんだと思います。それに夫に早く死なれ、女手一人で子供を育て、苦労の多い人生でした。感謝しています。俺はその死に目にも居れませんでした。暮れから1ヶ月近く入院していた病院に毎日通い、仕事もあり、一旦家に戻った時でした。最大の親不孝をしてしまったとも思います。悔やんでも仕様がないけど、悔しいものです。不思議なことで、もう10年以上遠く離れて暮らしていたからか、居なくなったこと良く忘れます。今でも時々電話かけなきゃとかメールしないとなんて思ってしまいます。

そんな風に始まったこの年。自分の人生を一度ジックリ見つめてみよう。そこで本とは言わないけど、文にしようとも思いました。でも文なんてそう書けるものでもないし、実際もう半年過ぎようとしているのに何も出来てませんでした。そこで思いついたのがブログでした。このブログでは過去のことを多く書こうと思います。今までの印象に残っていること、悲しかったこと、嬉しかったこと。気まぐれに。

と言うことです。
おやすみなさい。

0 件のコメント:

コメントを投稿