2014/01/22

ブラジルが嫌いな理由の分析:次の2点

7. Brazilians are very expressive of their negative opinions of others, with complete disregard about possibly hurting someone's feelings.

8. Brazilians, especially people who perform services, are usually unreliable, lazy and almost always late.

この2項目はその通りと言うしかない。
最初の言い方とかは唐突と言うか無神経。
良く考えた上で言いたいことではなく、瞬間的に頭に浮かんだことをそのまま口にしてしまう傾向が強い。テレビドラマとかを見てても良く分かる。同じシーンの中で矛盾なんて生温いのでは無く両極端の発言の連続。特に男女関係・恋愛についてだと激しい。
しいて考えれば、そう言う国民性というか文化のなか生きているだけに言っても言われても傷付くことが少ないのかも。でも慣れてない人間が聞けばこの印象が残るのは納得。

8番については悲しくてどうしようもない。
本当に何もかもサービスの質は最悪。文化的そうなってしまってる。
簡単にまとめると、次の表の通り、消費者側は「求めない」、供給者側は「供給するメリットが無い」の悪循環が定着してしまっている。ちょっとでも高くして高品質のものを提供しても需要がないのが多い。過去にもそのようなイニシアティヴをとった企業もあるが、競争に生き残れなかった。実に残念。



0 件のコメント:

コメントを投稿