2014/01/17

ブラジルが嫌いな理由の分析:次に進みましょう

3. Brazilians have no respect for their environment. They dump big loads of trash anywhere and everywhere, and the littering is unbelievable. The streets are really dirty. The natural resources, abundant as they are, are being squandered at an amazing rate with little or no recourse.

これはマナーの悪さとしか言いようがないですね。
昔、「ゴミ収集業者や道を掃くひとが失業しないようにゴミをどこにでも捨てる」なんて言うとんでもないへ理屈をほざいてた人もいた。直すのは徹底的に教育し直すしかない。道に捨てられたゴミのせいで雨が降るとマンホールがつまり多くの地域で洪水となるのも事実。
最近は罰金制度を導入する自治体もあるけど、実際の運用は困難

http://g1.globo.com/bahia/noticia/2013/10/camara-aprova-projeto-que-multa-em-r-400-pessoa-que-jogar-lixo-na-rua.html

最後の環境破壊についてはブラジル人の問題であるが、同じくブラジルの豊富な資源に目を付ける国内外の企業の問題でもある。そして何よりそれを効率的に防止しない行政の問題だ。コストはかかるがこのままだと近い未来に環境は全て破壊されるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿