2014/02/03

ブラジルが嫌いな理由の分析: この2点は習慣ですね

16. Brazilians are super social and rarely spend any time alone, especially meals and weekends. This is not necessarily a bad quality but personally I hate it because I enjoy my space and privacy, but the cultural expectation is that you will attend (or worse, invite) friends and family to every single meal and you are criticized for not behaving "normally" if you choose to be alone.
17. Brazilians stay very close, emotionally and geographically, to their families of origin their whole lives. Like #16, this is not necessarily a bad quality but personally I hate it because it makes me uncomfortable and affects my marriage. Brazilian adults never "cut the cord" emotionally and their family of origin (especially their mothers) continue to be involved in their daily lives, problems, decisions, activities, etc. As you can imagine, this is extra difficult for a spouse from another culture where we generally live in nuclear families and have a different dynamic with our families of origin.

今日の2点は習慣と言うか、文化や国民性の違いでしょうね。
ブラジルはラテン系の移民が多く、人との関係や絆を非常に強く思い、激しい付き合い方をする。パッションという言葉が好きな国民性。だから恋愛では、すぐ好きになり、またすぐ好きではなくなる。一緒の時は激しく、1日30時間一緒にいたくなり、覚めるとあっさり分かれる。友達との付き合いも一時はとてつもなく密接。いつの間にか離れている。

家族、特に両親・兄弟とは分かれられないからいつまでも離れない。

一方、アメリカは「自由の国」と言われる程「独立意識」が強い。アメリカで高校生はともかく大学へ「実家通い」は問題がある場合を除いて、あり得ない。それからは両親とも距離をおいてしまうのが自然。若いころから独立、親離れ、巣立ちしてしまう。

私が知っている限り、日本も欧州のラテン系の国々もどちらかと言うとブラジルに近い気がする。北欧やアングロサクソン系の国々については良く分からないのでなんとも言えない。昔一緒に仕事していたドイツ人の女性は結構家族との絆が強く、アメリカで付き合っている彼氏と別れたらドイツの実家に戻った。


0 件のコメント:

コメントを投稿